コラム

2020.09.28.

アパートへの投資は木造アパートが良い理由4選!

不動産投資を検討する方にとって、大規模なRCマンションと異なり、低層アパートは色々とな面でハードルが高くはありません。低層アパートといっても、RC造や鉄骨造、木造と構造によって土地条件や投資額、そして重要なキャッシュフローも変わってきます。このコラムでは、木造アパート建築のプロフェッショナル集団である我々モクゾウアパートビルダーズが、木造アパートへの投資をおすすめする理由をご紹介いたします。

アパートへ投資は木造がリーズナブル

不動産投資を検討した際に、まずはじめに検討することは、投資額ではないでしょうか。これは始めての不動産投資の方に限らず、不動産投資に慣れてきた方においても当然のことです。なぜなら1番大事なキャッシュフローに直結するからです。同じ土地に同じ規模の建物を建築した場合の建築費を比較していくと、木造の建築費が1番安くなります。そして、RC造と鉄骨造の建築費が高くなってきます。。しかし、建築費以外の部分も投資には重要です。建物の性能や耐用年数、建築可能な規模など多くを検討する必要があります。今回は同じ規模での比較をした場合、木造アパートが圧倒的に価格のメリットが高いということを覚えていただければと思います。

木造建築ならではの間取りの自由度

モクゾウアパートビルダーズがおすすめする木造アパートは、木造の中でも木造軸組工法をご提案しております。これは、在来工法とも呼ばれ、日本の昔ながらの木造の工法です。この工法のメリットは、間取りの自由度、そして将来においての間取りの可変性です。間取りやデザインという内容に関しては、また別の記事にて木造アパートの良さをご紹介していきます。木造アパートへの投資というところで考えたとき、この自由度はどう関係してくるのでしょうか。

木造アパートへの投資なら土地探しが広がる

先ほどの項で、木造のアパートは間取りの自由度が高いことをご紹介いたしました。これは、土地を探す上でかなり有利になります。変形地と呼ばれる形の不整形な土地や間口の狭い土地などは、不動産価格が下がる傾向があります。そしてそのような土地に対して、木造アパート建築は強みを発揮します。変形地であっても変形地なりに設計が可能ですし、間口が狭く奥まっていても木造であれば建築することが可能です。土地購入から不動産投資をお考えの方には、やはり木造アパートがいい選択肢なのではないでしょうか。アパートへの投資をする際に、投資として良い土地に出会えることは、投資が成功するか失敗するかの大きな分かれ道となります。

木造アパートの耐用年数が22年のメリット

ここでは、木造アパート建築が、他の工法の建築より耐用年数が少ないことのメリットをお伝えできればと思います。耐用年数が長いというと色々と投資としてのメリットを思いつくかもしれません。逆に22年ということのメリット、それは建築費が他の構造よりリーズナブルで減価償却が早く終わることです。どういうことかというと、お住まいの地域の古いアパートの入居状況をご覧ください。不動産アパート投資で重要となる指標の1つ「入居率」が低くなっていませんか?もしくは入居を促進するために家賃が低いのではないですか?これは、時代の流れに耐用年数がついて行けていないのです。簡単に言うと、20年もするとデザインや間取り、設備機器などが全て古臭くなってしまうのです。しかし、減価償却も終わっていないRC造などを解体して再建築することはなかなかできません。もしくは追加投資をし、大規模なリフォーム工事をする他ありませんが、木造の場合は償却が終わっているのでそれも安心して検討できます。耐用年数が少ないというと、ローンが短くなりキャッシュフローが厳しくなるというデメリットだけを考える方が多いです。しかし、こういった見方をすると逆にメリットでもある側面が見えてきます。
https://mokuzo-apartment.jp/taiyounensu/

やっぱり木造アパートへ投資が良い

今回の記事では4点ほど簡単ではありますが、アパートへ投資をするならRC造や鉄骨造ではなく木造が良いというメリットをお伝えしてきました。もちろん他の側面から見ると他2つの構造も良いところはあります。私たちモクゾウアパートビルダーズはここでは書ききれないほどメリットをお伝えできます。アパート投資をご検討の方は、ぜひ1度モクゾウアパートビルダーズへご相談ください。もちろんご相談など無料で行なっております。

お見積もり・プランニングは無料です!

?お問い合わせ

PAGE TOP