コラム

2020.11.09.

木造アパートは寒い?対策や現在の木造アパートの防寒性能などを徹底解説

「木造アパートは寒い」と認識されているお客様はたくさんいらっしゃいます。木造アパートにおける、寒さの問題は音の問題と並んで、みなさんの関心度が高いようです。私たちモクゾウアパートビルダーズが木造アパートに関連するコラムの中で何度も言っているのが、現在の建築技術をもってすれば、木造アパートの寒さや音の問題といった性能面の問題は大抵の場合クリアすることができるということです。今回のコラムでは、木造アパートの寒さの問題について、その原因と対策をご紹介していきます。

木造アパートが寒い理由

木造アパートが寒いと認識される理由はたった1つ。ずばり、「気密性の低さ」に起因しています。木造アパートの強みでもあり弱みでもあるのが、気密性の低さです。これは、言い換えると、通気性の良さでもあります。確かに、冬場はRC造に比べて冷たい空気が入りやすいでしょう。一方で夏場はその通気性の良さからエアコンをギリギリまで入れなくても涼しく過ごすことができるといったメリットに繋がることも覚えておくと良いかもしれません。ただし、比較的築浅の木造アパートであれば、新しく良質な断熱材や窓が使われている場合もあります。特に中古の木造アパートでは寒さを感じることがありますが、新しい木造アパートの場合はそこまで気にならないこともあります。

木造アパートは寒い、RC造は寒くない!というのは間違いです。

木造アパートはRC造と比較されることが多いですが、RC造も設計・施工の仕方によっては、冬場に結露が発生したり、夏場暑くて冬場に寒くなったりする場合があります。また、木造アパートとRC造の比較では、熱の伝導性について書かれていることがあまりないですが、木とコンクリートでは、コンクリートの方が熱を伝えやすいです。つまりRC造だとしても、正しく断熱計画がされていない場合には、せっかく高い費用を払って建築したのにもかかわらずメンテナンスに追われることもあり得るのです。

木造アパートが寒いのは、設計段階で食い止められる

木造アパートが寒くなってしまうのは、前述の通り気密性が低いことに起因します。しかし、設計段階で対策を講じることで、寒さが気にならなくなります。具体的な対策としては、以下の2つが挙げられます。

  • 断熱材をしっかりと入れる
  • 気密性の高い窓(ガラスとサッシ)を選ぶ

木造アパートの寒い!は断熱材で対策を!

不動産投資の場合、初期費用によって事業全体の収支計画が変わります。そのため、初期費用をどれだけ抑えることができるのか?ということに傾倒される方がいらっしゃいます。そして、まれに断熱材を入れることをやめる方もいらっしゃいます。これは少しリスクのある考え方だと私たちは考えています。なぜなら、断熱材を入れずに居室が寒くなってしまうと入居者に長く住んでもらうことができないからです。築浅の時は入れ替わりが激しくても良いかもしれませんが、最低でも22年程度は運営されるわけですから、できる限り入居者の方には長く住んでいただける方がよいのではないでしょうか。ですから、断熱材をしっかりと入れた木造アパートにすることで、空室率が高くなるリスクを軽減することができます。断熱材のない建物は木造、RC造、鉄骨造のどの構造を採用している場合であっても非常に住み心地の悪い住環境となってしまいます。木造アパートを新築する際には、しっかりと断熱材を入れるようにしましょう。

木造アパートの寒いに窓で対策する

これも、不動産投資を行う場合には比較的カットされがちなところです。よく窓を単層ガラスのものにされる方がいらっしゃいます。確かにコスト削減にはつながりますが、住環境としての快適性はおとってしまいます。実際にどのような窓を選んでいくのが良いかといいますと、複層ガラス(=ガラスが二枚使われていて、ガラスとガラスの間に空気層がある窓ガラス)を選ばれるのが良いかと思います。また、サッシに関しても気密性の高いものが既製品で出ているので、少しでも良い住環境を提供したいとお考えの方がいらっしゃいましたら、計画段階の際に断熱性能を高めたい旨をお聞かせください。私たちモクゾウアパートビルダーズは、ガラス・サッシメーカーとのネットワークを持っています。特に私たちは木造アパート建築のプロフェッショナル集団です。お客様の敷地条件や建物の条件、予算条件の中で良質で最適なものを比較的お安くご提供することが可能です。木造アパートの新築をご検討の方で、寒さ対策に力を入れたいとお考えの方は、ぜひ私たちモクゾウアパートビルダーズにご相談ください。

木造アパートの寒い!クリアするなら

モクゾウアパートビルダーズ!

私たちモクゾウアパートビルダーズは、その名の通り、木造アパートに特化した木造アパート建築のプロフェッショナル集団です。木造アパートを新築する場合、不動産投資として賃貸運営をはじめられる方がほとんどかと思います。そして、初めて不動産投資にチャレンジされる方も多いかと思います。実際に私たちにご相談される方の中にも初めての不動産投資、賃貸運営という方が多くいらっしゃいます。そのような場合には、モクゾウアパートビルダーズへご相談ください。弊社は全ての社員が木造建築に関する知識を持っております。そのため、営業・設計・施工の全ての社員が現場を見る能力を持っています。さらに全ての大工は質の高い社員教育が行われた社員大工です。そのため、費用を抑えながら、質の高い木造アパートの建築を実現することができます。また、銀行や不動産会社などとの強固なネットワークもあるため、資金計画や賃貸運営のご相談も容易に行うことが可能です。この機会にぜひモクゾウアパートビルダーズにご相談ください。見積もり、プランニングは無料です。

※木造アパートの寒さ対策をしたいという方はお問い合わせの際に寒さ対策を行いたい旨をお知らせください。中古アパートなどの既存建物に対する防寒工事のみのご相談はお断りさせていただいておりますので、ご了承ください。

お見積もり・プランニングは無料です!

?お問い合わせ

PAGE TOP